生後一か月を過ぎるころからできる乳児湿疹|原因を調べ清潔に保とう

このエントリーをはてなブックマークに追加

きちんと比較してみよう

眠るベイビー

ベビーカーにはA型とB型があって、最も大きな違いはリクライニングが出来るかどうかです。S字フックに荷物をたくさんかけると転倒の恐れがあるので注意しましょう。また、地面との距離が近いので夏場や冬場は温度にも要注意です。

もっと読む

赤ちゃんの皮膚を守る

赤子

生活環境に配慮すること

乳児湿疹は、生後一か月を過ぎるころから赤ちゃんの顔や体など様々な部位に出来る湿疹のことを言います。原因は様々なものが考えられるので、生活環境を今一度見直して改善していくことが大事になります。部屋の温度が高すぎると赤ちゃんはもともと体温が高いので汗をかきやすく、それが原因となって湿疹が出ることがあります。室内の乾燥、入浴時の摩擦、よだれや食べかすなどによるかぶれなどもあります。乳児湿疹は、1歳になる頃までには落ち着いて症状が改善されると言われていますが赤ちゃんが痒がって強く引っ掻いたり何度も同じ部位を掻いてしまうと傷になって色素沈着を起こす場合があります。痕になることがあるので生活環境を見直しながら引っ掻かないように赤ちゃんの手にミトンをつけることも大事です。

湿疹の種類を知る

乳児湿疹にはいくつか種類があり、そのタイプによっても原因は違ってくるため知っておく必要があります。新生児ニキビは、赤い吹き出物が顔にいくつも出るもので生後数か月で起きます。皮脂分泌が上手く出来ていないことが原因なので患部は清潔にし余分な皮脂を洗い落とします。あせもは、夏場に多い乳児湿疹の一種で汗が溜まり過ぎて皮膚に痒みが出るので、こまめな着替えをさせることで改善します。肌がごわつくアトピー性皮膚炎は、ハウスダストやダニなど生活環境に原因があることが多いので刺激を与えず保湿をして肌機能を高めてあげることが大事です。食べ物によるアレルギーも起きやすいので、特定の食べ物は避けつつ栄養は取れるようにすることが大事です。

赤ちゃんの命を守るシート

乳児と女の人

赤ちゃんの大事な命を守るチャイルドシートは、退院の時から必要になるので、生まれる前に準備することが必要です。また、チャイルドシートには種類があるので、自身の車に合うもので、予算なども含め早い段階から比較検討を始めることが大切です。

もっと読む

赤ちゃんが健やかに育つ

哺乳瓶とベイビー

哺乳瓶は、赤ちゃんが健やかに育つために必要なもので育児をサポートするものでもあります。使った後は雑菌が溜まりやすいので、消毒はこまめに行いながら常に清潔な状態を保つことが赤ちゃんの健康にもつながります。

もっと読む